線の上を走ろう!の完成画像

線の上を走ろう!

1.線を引く際は、黒の絶縁テープで引くことをお勧めします。
■まず初めに、コントロールパネルをこのように配置します。
この時『true と false』パネルを『true』と選択して下さい。

2.感知センターの『路線追跡』パネルを『もし』の横にはめ込み、
左右どちらとも『線内』を選択して下さい。

3.演出の『LED』を『実行』の横に組み合わせ、
発光場所を『全部』色は、『なし』を選択します。

4.ロボットの動きをプログラムします。
運動の電機パネルを2つ組み合わせ、写真のように、モーターとモータの回転方向を選択します。
スピードの数値は『2』を選択してください。

5.感知センターの『路線追跡』パネルを『そうでなくても』の横にはめ込み、
左を『線内』、右を『線外』と選択して下さい。

6.演出の『LED』を『実行』の横に組み合わせ
発光場所を『全部』色は、『青い』を選択します。

7.運動の電機パネルを2つ組み合わせ、
写真のようにモーターとモータの回転方向を選択します。
スピードの数値は『3』を選択してください。

8.感知センターの『路線追跡』パネルを『もし』の横にはめ込み、
左を『線外』、右を『線内』と選択して下さい。

9.運動の電機パネルを2つ組み合わせ、写真のように配置し、
モーターとモータの回転方向を選択します。スピードの数値は『3』を選択してください。

完.運動の電機パネルを『そうでなければ』に2つ組み合わせ、
写真のようにモーターとモータの回転方向を選択します。スピードの数値は『3』
を選択してください。
以上で『線の上を走るロボット』のプログラミングの完成です。

その他のプログラミング

Apitor エンドユーザーさんのページ掲載

TOPページに戻る 右矢印

Top