PEGASI

PEGASI

みなさんこんにちは、日本ポステックです。

突然ですがみなさん、「睡眠」ちゃんととれていますか?時間としては6時間以上寝ているという人も、その「睡眠の質」まで気にかけているでしょうか?

PEGASI

最近は「睡眠負債」や「昼寝がパフォーマンスに影響する」など睡眠の大切さが注目されています。老若男女すべてに関係する睡眠ですが、実際に悩んでいるのは実は女性が多いんです。

これは睡眠サポートデバイス「PEGASI」を開発したメーカーがアメリカで行なった調査結果です。睡眠に関する悩みを持っているのは男性5割に対して女性は6割と、女性の方が悩んでいるという結果に。

PEGASI

こちらはオーストラリアでの調査結果。横軸が年齢です。全年代で女性の方が睡眠に関して悩みがあるという結果が出ています。

PEGASI

こちらは日本人の平均睡眠時間推移です。どんどん短くなっていますね・・・。睡眠不足は男女問わず健康に悪影響です。特に女性は生理周期など体調の影響も大きいですし、日本でもお母さんは誰よりも早く起きて誰よりも遅く寝ているイメージですよね・・・。

PEGASI

疲労や体調不良、日中に受けるスマホなどからのブルーライトに刺激などから寝つきが悪い、夜中に目がさめる、眠りが浅い、朝起きられないなどの悩み解消をサポートしてくれるのが「睡眠サポートデバイス PEGASI2.0」です。

PEGASI

PEGASI

PEGASI

PEGASIはより良い睡眠に効果があるとされる緑色の光を発します。これが体内時計と「メラトニン」分泌の調整をサポートします。

PEGASI

メラトニンとは、「睡眠ホルモン」とも呼ばれ、質のいい眠りを得るためには欠かせないもの。
しかし、夕方以降に受ける強い光の刺激や、PC・スマホなどから受けるブルーライトの刺激によりメラトニンの分泌は乱れやすくなっています。

PEGASI

通勤中や家事の合間に一休みしてスマホを使うことは多いですよね。実は睡眠には良くなかったんです。寝る直前にスマホを使うと眠れなくなるという話はよく聞きますが、何時間も前から影響は始まっています。

PEGASI

PEGASIは、寝付きの悪い方は朝7~9時の間に30分、眠りの浅い方や夜中に目覚めてしまう方は19~21時の間に30分装着します。
朝の家事がひと段落したら、新聞を読んだりテレビを見たりする間に使えばOK。スリムなメガネ型は視界を大きく妨げないので、普段通りの生活の中で使えます。

PEGASI

PEGASI

PEGASI

PEGASIは開発者自身の母親が抱えていた睡眠の悩みを解消してあげたいという思いから開発されました。
開発者の母親は10年以上に及ぶ投薬や身体への物理的な刺激による治療も効果が出ないまま・・・そんな時に大学時代の友人が光による睡眠の質の変化について長年研究していることを知り、彼と一緒に創業したのが始まりです。

PEGASI

PEGASI

PEGASIのファーストモデルでは使用者の7割が効果を感じたというアンケート結果が出ています。そこからさらに改良を加え、より使いやすく進化したのがセカンドモデルである「PEGASI2.0」です。

女性にとって睡眠は体調だけでなく美容やメンタル面にも大きく影響する重要な問題。

寝つきが悪い、夜中に目がさめる、眠りが浅い、朝起きられない、日中ぼーっとしてしまう、昼間眠くてたまらない・・・そんな悩みを持つ方にPEGASI2.0はおすすめです。

PEGASI

PEGASI

睡眠時間の確保や質のいい睡眠はそのまま日常生活の充実にも繋がります。PEGASIを使うことで睡眠の改善をし、肌調子や精神状態が安定し、夫婦関係や家庭環境がよくなる。そんな効果を感じていただけたらと思います。

PEGASI

PEGASI

日本ポステック2017カタログ
日本ポステック2017年カタログ 下記からPDFカタログ(全20ページ・50製品掲載)をダウンロードいただけます。
ダウンロード
この記事をシェアする
JPT製品部をフォローする
お問い合わせ

お電話・FAX・メールによるお問い合わせ

TEL 03-5354-5840(平日10:00~19:00)
FAX 03-5354-5841
メール jpt-seihinbu@pos-tec.jp

※ご注意※

  • 御返事まで多少お時間を頂く場合がございます。
  • お問い合わせ内容や休業日などによっては、お電話などメール以外の手段でご連絡する場合がございます。
  • お問い合わせいただきました内容によっては、御返事ができかねる場合がございますので、あらかじめご了承ください

御社名

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

お問い合わせ内容

フォームを入力したらチェックを入れて「送信」ボタンをクリックして下さい。